正しい選び方が重要な

美白化粧品

美白にはアルブチン

美白効果が認められた成分として使われるようになったのが、アルブチンです。厚生労働省の認可も受けた医薬部外品の美白有効成分としてかなり有名になりました。実際に認可された成分はかなり少ないため、希少なものといってもいいでしょう。

特許期限がきたことで、最近ではかなり多く見かけるようになりました。基礎化粧品だけではなく、ファンデーションでも見かけるようになってきているため、有効に活用できるようになってきています。

アルブチンが有効なのは、メラニン色素の生成に大きな影響を与えるチロシナーゼに働きかけるところにあるでしょう。生成の阻害をすることから、メラニン色素そのものを発生させないようにできます。黒色になるメラニン色素を作らせないのですから、当然美白になっていくのがポイントです。予防効果が高いことからも、ターンオーバーを正常化させるような成分との組み合わせが重要であり、うまく活用していかなければいけません。この組み合わせを考えていくことで、美白につなげていくことができるでしょう。

こうした美白化粧品は、夏だから使うのではなく、一年中使うことが重要です。紫外線は日々地上に降り注いでいるからであり、油断しないようにすることが大切といえるでしょう。