正しい選び方が重要な

美白化粧品

ハイドロキノン

美白化粧品にはさまざまな成分が含まれていますが、ビタミンCが重要なカギを握るのは間違いありません。紫外線に対する作用を考えても必須の栄養素になってきますが、美白成分として外すことができないハイドロキノンも重要です。

ハイドロキシンは、肌を漂白するとも言われる成分で効果がありますが、安全に使っていかなければいけない成分で、副作用も考える必要があります。イチゴなどに含まれていることで知られていますが、写真の現像をおこなうときにも使われており、作業者に美白効果が現れたことから発見された経緯があります。

今ではポピュラーな美白成分となりましたが、ビタミンCに比べて10倍以上の効果を持つとも言われています。還元作用もあり、メラニンの発生を抑えてくれますが、脂漏性角化症などにはあまり効果が期待できないことも理解しておかなければいけません。

効果が強い分、どうしてもかぶれてしまうようなことも起きます。長期保存が難しいのは、酸化してしまうと効果を失うからです。そうなると美白効果も失うことになるため、冷暗所などで保管することも必要になってきます。安全な範囲としては1%~3%程度のものにしておけば、長く使えますし、刺激も少ないため利用しやすいでしょう。